25F5s 差動入力アンプ
既に TR+25F5 アンプを発表してますが
トータルゲインを もう少しアップしたいと
初段を差動式にしてエミッタフォロワーを
追加する実験をしてみました。 

また、電源廻りも少しいじってみます。

差動入力アンプの回路例



差動アンプにしてトータルゲイン(NFB無し時)が 23dB ⇒ 34dB にアップしました。 これにより NFB を余裕をもって かける事ができるようになります。



仕上がりゲイン
 NFB有り (gain=14.0dB, 470Ω+2.2KΩ)
 NFB無し (Gain=34dB)



差動アンプの出力特性例




電源の強化

電源回路ですが、ヒーター電源を100Vから直接取りますので 1:1 の絶縁トランスを使い部品コストを下げてますので 整流後の電源電圧が制限されます。 そこで 整流管をダイオードでパスする回路を設けて B+をアップする方法を 取り入れてみます。


電源回路例



上記の配線図説明

J94 をショートすることにより、ダイオード回路が働きます。 
基板上にブリッジダイオードが入ってますので これをジャンパーで切り替えるようにします。

 J91、J92、J93 を切り替える事により  「全波整流」 「半波整流」 が切り替えられます。(100V:100Vの絶縁トランスを使用した場合は、AC3、AC4の配線が無しです)


 絶縁トランスに 100V x4 のトランスを使えば 「両波整流」にも対応可能です。 上記の配線図は 100Vx4の場合です。


真空管を選んだ場合は、「半波整流」のみとなります。

整流後・参考電圧 (J94)

  ・真空管時
    半波整流 = 108V

  ・ダイオード時
    半波整流 = 129V
    全波整流 = 140V


 整流管の電圧降下は (約20% ) と大きいですが、音質はこちらの方が良いという方もいらっしゃいます。 出力的に問題が無ければ真空管方式が無難かも ・ ・ ・




出力段のB+切り替え


また J13 でデカップリング抵抗(チョークコイル) を 「入れる」 「入れない」 が選べるようにすると出力がアップします

 J13 デカップリング抵抗(R901有無)
 有り: B+電圧 = 127V  出力 = 2.00V/8Ω (0.50W)
 無し: B+電圧 = 140V  出力 = 2.15V/8Ω (0.58W)

  残留雑音は 有無で 0.45mV ⇒ 0.5mVですから
 どちらを選んでも OKでしょうか。


 

今回の最終回路案です

↑ ダブルクリックで拡大します



いつになるかは不明ですが
これで基板を手配してみましょう !!



< 真空管アンプへ >

< Home >


(c)2019 mi-take