音質切り替え 付き
AK4493S DAC基板

AK4493s DAC基板

AK4493を使ってモノラルx2版にしたDAC基板を作っていたのですが、AK4493版のステレオ(AK4493s)を作って見ようと思い立ちました。 既に AK4495sは 基板化してますが これは制御まで含めた形で 72x94版の大型基板で基板化してますのでので、サンネット電子製ケースを用いる場合 ちょっと不便です。 (サンネット電子のケースキットでは 47x72サイズの基板を使用するように設計されてます)

というのは、サンネット電子のケースはPCM1792シリーズを前提としているので、DSD時に音量調整がDACで出来ないため、Volume調整を電子ATTではなく、機械式なVRを使って行ってますのでちょっと不満があるのです。 まあこれはこれでメリットがないわけではないのですがね~。

なお今回の改造用ケース例では、第1弾のタイプを使用してます。


サンネット電子のケース入り (PCM1792版)


これをちょっといじって DACのVRで電子ATTが効くようにしたいのですが
PCM1792版のままでは DSD時にATTが効きません。


まずは機械式VRを電子ATT式に変更するために
基板からVRを抜いて逆さまにつけ、制御基板につなぎます。
(接続には制御基板付属のVR用ケーブルを使用します)


サンネットケースのVR近辺




基板側のVR取り外し部はスライダー(2)と
トップ(1)を ショートしておきます。 またVRの
(1)番とGND間に抵抗(10k)を入れておきます。

VRの取り付け部


これで PCM1792の場合、PCMモード時はATTが効きます。
DSD時は、Vol max になりますので ご注意!!


さて、ここから AK4493のステレオ版を設計します.。 とはいえ 既にある ツイン版(モノ x2 版) を シングル版にするだけですから 回路設計は特になし ・ ・ ・  で、制御基板はそのまま流用します。 今回は、シングル版の基板を設計するだけで済みそうです。


AK4493シングル版の基板が上がって来ました。 


AK4493シングル(ステレオ)版の基板



回路図 (参考)

              ↑ダブルクリックで拡大



完成をシャーシに組み込んで試聴




DAC基板を AK4493s版、制御基板をAK4493W用に入れ替えてます。 (combo384は 2ndソーズ版)

それにしてもサンネット電子のケースは さすがです。 基板の取り付け/外しに まったく 問題がありません。 これほどのケースが手に入るのですから 基板を替えて 長く楽しみたいものです。





さてさて
この改造で、ケースの【LINE OUT】出力も ケースのVR に連動して可変になります。 また これで、DSDも電子ATTが効くようになりました。 

電子ATTが万能というわけではないのですが、どうも機械的なATTには(ギャングエラーが大きい)という 不信感があるようで 気持ち悪いので 一安心です。 



参考まで
 ケースに付属のVRは 10KAタイプが使われてます。 このままでも良いのですが VRカーブがクリチカルになるようですので 10KBをお持ちの方は Bカーブに替えた方が良さそうです。



まもなく
AK4493S DAC基板 発売です



AK4493W 版は こちら
AK4495S 版は こちら
AK4495W版は こちら



Menu


(c)2019 mi-take