PCM1704x4 構成 こちら 

発売情報 こちら 
世の中、車の EV化・ハイブリッド化により 半導体が大量に使用されるようになり、一般向け半導体の生産が 後回しにされてます。 さらに、各種生産が 中国に一国集中され 中国が コロナ(COVID-19)にかかったとたん モノの流れが止まります。 当方にも その余波が襲い来ます。 

こまったね ~ 

そんな中、1か月ほど何もできない期間 (入院) が生じました。 その時に読んだ本が これ !

 
 真空管アンプの本ですが、FETアンプの記事がありました。 非常に興味ある制作記事です。 (興味のある方は 管球王国Vol.99 です)   真空管では 当たり前の リユースですが 生産を終了してしまえば 真空管以上に再生産が困難な 半導体ですから 「半導体も リサイクルする時代になった」 という事が言えそうです。

 ということで、 ディスコンになり 手が出せなかった DAC チップ をこの際 使ってみよう !  ということで、PCM1704 DAC の調査を始めました。 リユース品の CDP から IC を外せばいけそうです。 う~む、 しかし PCM1704を使った CDPは リユース品でも 値段高い ですね !
 

CDP等 PWB に取り付けられた
PCM1704 と DF1706




PCM1704とDF1706を基板から外します

兵ども が夢の跡



外された 兵ども


早速チェックします。 
当たり前ですが 使えそう です !!

とはいえ、PCM1704 IC は シングル(片ch)
タイプですので
PCM1704 x 2 + DF1706 でようやく
1台分です。 やれやれ

 発売情報 こちら

それでは PCM1704/DF1706の datasheetを
ダウンロードし回路をチェックします。 

PCM1704 datasheet


なんと 5V電源が、プラスマイナスの 2電源必要!
とのこと、 これは面倒ですね~  

手持ちの基板で ±対応できる基板は ディスクリート
タイプがありますので それを ±5V対応することに
します。    ディスクリート電源は こちら


ディスクリート±5V電源基板



接続端子は、EHタイプでは ±15Vと混乱しますので
±5Vでは、HXタイプを使用することにします。
(この基板以外に ±15V も必要です)


HXコネクタ

手前:XH±5V用、 奥側:EH-2/5V用


DF1706基板には DAI (CS8416) も搭載します。
ハード設定で行けるようにしたいのですが Volを
操作したいこともありそうなので、MPU も搭載し
ソフト制御できるように ・ ・ ・ などと欲張った結果
ミスで試作基板は ジャンパー多発 です

デジタルフィルターICの使用は初めてですが
なかなか こっちの思った通りに 動きません。
ちょっと 手強い?


CS8416 + DF1706 DAI試作基板





こちらは、PCM1704基板です。
こちらも対応インターフェースが特殊で
どうも分かりにくい ・ ・ ・

PCM1704x2 DAC試作基板




色々いじくって、何とか音が出るようになりました。 ここまでくれば 試聴も出来そう !ということで

まずは オペアンプは OPA604 と OPA1656 を使って音出ししました (どちらもSOIC版)

おお! これが PCM1704 の音か ・ ・ ・
滑らかな低音が 心地よい



早速ジャンパーだらけの基板を書き直そう !




 発売情報 こちら

基板修正しました


DAI基板はサイスを変更! 72x94 サイズにしました
MPU(tiny48) は積みますが 基本的にハードモードで
動きます。


DAI基板


参考 DAI回路図



DAC基板は微修正

DAC基板


参考 DAC回路図



電源基板は、±5V と±15Vが出せるよう 新たに設計しました。 3端子レギュレータを4個使います。 基板サイズは 72x94 です

±15Vは、AC9V を倍電圧整流して作ります。このほうが、±5Vの電源に負担がかからず 効率がよいからです。 コネクタは ±5Vは新系統なので HXコネクタとします。 ±15V系は従来通り EHコネクタです。

電源基板



参考 ±5V電源回路図




試聴の様子(1)





試聴CDは 今話題の 2枚です


吉田拓郎 ah-面白かった



【雪さよなら】 かすれそうな
拓郎の声に合ってます ・ ・ ・


山下達郎 Softry



【RECIPE】 音に こだわる
達郎の good recording ・ ・ ・



試聴の様子(2)



今回の視聴は IV用オペアンプを OPA627AP に
換えて 試聴しました。

OPA627は良い音がすると言われております ・ ・ ・


PCM1704DAC
-------------------
音が なめらか  
低音が ふくよか 
混濁感が ない
etc




ΔΣ方式 DAC (PCM1792/1794) とは
ちょっと違う 傾向の 音がします。
しいて 違いを言えば

PCM1704
力強い
重厚な
鮮やか

PCM1792
自然な
繊細で
さわやか


?? かな~ ??










余談

ラックスマンの 最新鋭 SACD player 
【D-07X / 825,000円】 のIV用オペアンプは
NJM5532 を使用してるそうな




今回の DAC は
NE5534x2, NE5532x1 が set です

閑話休題


 
販売コーナー

 
数セット 販売可能です。

取り外し(リユース品)半導体を使ってますので
その点を理解できる方に


PCM1704 (リユース品使用) 販売セット


DAI とDACと電源基板と送料)のセットです
IVオペアンプは NE5534x2,NE5532x1です



セット予価
DAi&D-Filter + DAC + Power のセットで
送料込み合計 29,520円 (29,000 + 520)

基板は、3時間以上エージング後 確認出荷します


◆ メールソフトを起動します => メール  <=フォームを読み込みます



商品説明

< DAI基板 特徴 >
 ・ DAI基板は CS8416、DF1706 共にハードモードで動作
   DF1706はリユース品となります
 ・ SPDIF入力が3個と 光入力が1個あります。
  また I2Sの切替端子がありますので I2S入力も可能
 ・ 動作入力として、44.1K~192KHzに対応可能
 ・ 電源電圧: +5V
 ・ 基板サイズ: 72 x 94 ㎜

<DAC基板 特徴>

 ・ オーディオインターフェース: 24bit
 ・ 入力データレート: 768KHz(最大) 8倍オーバーサンプリング
  -デジタルフィルター内蔵
 ・ PCM1704を 2個搭載 (PCM1704はリユース品となります)
 ・ IV用オペアンプは NE5534x2、NE5532x1
 ・ 出力電圧: 1.8Vrms
 ・ 電源電圧: ±5V、±15V
 ・ 基板サイズ: 47 x 72 ㎜

<電源基板 特徴>

 ・ 入力: AC9V x 2
 ・ 出力:±5V、±15V の PCM1704 専用設計
 ・ 基板サイズ: 72 x 94 ㎜



<同梱品>

 ・ DAI基板、DAC基板、電源基板 各一枚
 ・ 電源接続ケーブル(両側HX-3P、両側EH-3P、両側EH-2P)
 ・ 信号コネクタケーブル(RE-5)
 ・ 説明書



専用オプション

価格  説明
電源トランス A 4,500円 電源トランス(AC9V/15VA)と取付基板セット

 送料は930円になります
電源トランス B
5100円
電源トランス(AC9V/25VA)と取付基板セット

 電源トランスは AまたはBのどちらかを使用
 送料は930円になります
高音質オペアンプ  14.500円 OPA627AP x2、OPA1656(SOIC) x1 のセット
 (こちらを 取り付けての発送となります)
 
価格は変動します。 ご容赦下さい   

取り外し(リユース品)半導体を使ってますので
その点を理解できる方に


基板は、3時間以上エージング後 確認出荷します


◆ メールソフトを起動します => メール  <=フォームを読み込みます






< PCM1704 詳細 >


PCM1704 x4 構成 こちら 




< HOME >


(c)2022 mi-take