販売について 
 ※ なにも足さない なにも引かない : サントリー広告

なにも足さない なにも引かない


好きな コピー です

フィッシュ オンで 釣りにはまり ・ ・ ・
ずっと 開高健 作 と思ってましたが
最近、どうやら 違うらしい とわかりました

R-2R については 諸先輩から色々な資料が
出てますので そちらを参照いただくとして

参考URL
Digikey DACチュートリアル
UENO Tomohiro Homepage

電子工作マスターへの歩み



しかし 私も 多少 念仏 を。
  考えやすい 4bit で示すとすれば



書き直すと





上の式は、4bit の R2R DACの
1bit を 1 にして、その他は 0 とした場合です。
E4 を 1V として、流れ込む電流は i としてま す。

これを一覧表にすると


電源電圧を5Vだとすると
0.624*5=3.125  3.125/(2*1.41)=1.11Vrmsとなる
なんと抵抗で DAC ができる !


まあ、原理の勉強はこれぐらいとして。



コンセプト 案
・ 16Bit のまま
・ アップサンプリング なし
・ デジタルフィルター なし


いわゆる 素うどん DAC
R-2R DAC だと
そのコンセプトが実現できそうです。



1. 音源用電源は 超低ノイズ電源
2. 抵抗素子は 相対 ±0.1% 誤差内
3. 出力に リレーをいれて余分なノイズは出さない
4. スイッチング素子は 低インピーダンス素子
  TMUX1134 チャネルバランス 0.18Ω以下 !
5. 音を変えるものは 「 足さない 引かない 」


スイッチング素子 TMUX1134 の抜粋データ です

TMUX1134 data







これで R2R DAC の回路は出来たので
本件には全く関係ないですが TQFPソケット基板の
手配ついでに R2R DAC基板も手配しました

32TQFP基板 Assy



本件には 全く関係ない基板です ! が、
結構便利です。 

プログラムを半田付け前に書き込む事ができるので 
CPU のプリチェックが可能です。





さて、

ラダーに使用する抵抗ですが、誤差 1% なら
手に入りますので、選別して使用します。 
下記のようにマッチング許容差の概念で
±0.1% 誤差内に 収めます。

トランジスタ等での hfe ランク的な感じ ?
でしょうか


抵抗の選別


一次試作基板上がりました


72x94oで片チャンネル


この基板が2枚必要です


回路例(片ch分)



ところで、
手持ちのDAIに Rightjustifi出力できるものが無い?

調べると、WM8804 が可能で
CS8416 や LC98091 は 出来ない !
WM8804のソフト改造で Rightjustifi16 に
対応した DAIを用意します

WM8804 ソフト改


WM8804 Rightjustifi16

赤:LRCK 黄:DATA
BCKは3.072MHzです

WM8804で DAC基板のデバグを行う

DAC基板デバグ完了したが WM8804DAI基板では
余計な部品が多いため、TC9245で DAI基板設計
し手配ます

TC9245DAI基板

基板色を青に!

TC9245回路例



あれれ!Lch/Rch逆 ?

TC9245 Rightjustifi16

赤:LRCK 黄:DATA
BCKは1.536MHzです

どうやら LRSコマンドを発行すれば良さそうだが
それでは WM8804の基板とあまり変わらなくなる
(CPU が必要になる)

ということで、Lch Rch入れ替えジャンパーの
シルクをシールで入れ替える ! 事で

シルクをシールで逆に

シールを貼って表示を逆にします


さて、このDACの調整法ですが、スペアナを
用います。 1KHz 0dBを DAI に入れて
2または 3次高調波が最低になるよう
半固定VRを 回します。

今回の基板には 25回転の半固定を
使用してますので 調整は楽です。



調整




調整




スペアナが無い場合は、1KHzを-30dBぐらいまで
絞ってノイズの聞こえが 最小となるよう VR調整します 

ノイズ特性は思ったより良いようです。
スイッチング素子 TMUX1134 が効いてますか。

 下図は TDA1543A(Rightjustifi) の
スペアナです なぜか、0〜6dB では歪むので
−7dB にて測定してます

参考:TDA1543Aのスペアナ

TC9245 + IV抵抗 2.7Kohm -7dB 1Mohm

スペアナで見る限り
TDA1543Aに負けてません ?


電源は、ディスクリート電源基板を改造して
5.6V 出力にしてます。 それを DAC基板内で
アナログ電源用 TPS7A4700、
デジタル電源用 NJM2884 で 
夫々 5.0V にします。


R2R DAC 試聴システム





R2R DACは 低音が得意 と聞いてますので
Braian Bromberg の

Plays JIMI HENDRIX

行ってみましょう !!


試聴 CD



わっ はっ は ! !

痛快な音です

なにも足さない
なにも引かない


いいね〜





DAI基板と DAC 基板 3枚をスタックできるよう
考慮した基板ですので下記のようにスタックが
可能です。


R2R DAC スタック (積み重ね) 例



基板間の接続は不要です



この基板セットと 9VのACアダプタがあれば
上記のセットが動きます。 ACアダプタを発注しました。



秋月電商 発送が大幅に遅れてます
とのこと ! !



台数限定 にて発売開始

【 販売セット内容 】
・ スタッキングセットです

 (1) TC9245 DAI 基板
 (2) R2R DAC 基板 Lch用
 (3) R2R_DAC 基板 Rch用
 (4) ACアダプタ 9V 1.3A
 (5) ACアダプタ 接続変換ケーブル

セット価格 15,000円 
   送料  520円 (レターパックプラス)
または 代引き着払い です。

下記 見積フォームにてお申込み下さい。


・ 見積もり依頼フォームは こちら です。     

セット内容




< ページトップ >

< 戻る >




(c)2021 Mi-Take