新DAC AK4490REQ 登場

待ちに待ったAKM の DAC IC 再生産である。 一般発売が開始になった AK4490REQ と同時に発表された チップとしては AK4493SEQ と AK4499EXEQ があります。 AK4499EXは以前の AK4499SE に比してサイズダウン(パッケージがAK4499SEの 128ピンから 64ピンに縮小)してますが、1ch当たり 1dB ダイナミックレンジが改善されました。 しかし monoモードでは AK4499SE が140dB で 2dB勝っています。 DACチャンネル数も 4chから 2chに落とされたのでトータルではどちらの勝ちかは ・ ・ ? ・ ・ というところではあります。

さて、今回入手可能な AK4490Rは、旧AK4493と同じピン配置となりハード面/ソフト面とも共用となったようです。 ここでも AK4490Rと AK4493SEQではダイナミックレンジで 3dBの差がつけられたが、これは選別?によるものだろう、というのが今のところの見方です。 S/Nが -120dBを超えるところで 3dB差があっても、システムトータルで -この数字は難しいので、音質的には変わりないところであると思われます。 が、この差が 全く意味が無いということは無く どこかで音質に影響がるあるかもしれません。  オーディオの奥の深いところではあります。

 

AK4490R 写真

 


AK4490R ピン配置

                           図をクリックで拡大します


レジスタ(ソフト制御)部分は、AK4490からAK4490Rでだいぶ
変わったように見えますが、要するに旧AK4493と同じになった
と 思えばいいようです。 下図参照


AK4490レジスタ


AK4490Rレジスタ


AK4493レジスタ


ようするに、AK4490Rとは 旧AK4493互換で生まれ変わった
といえそうです。 つまり、AK4493の基板とソフトが生きる!!



とういことで、早速 基板作成し 動作確認


制御ソフトは微修正ですみました



動作確認中
 

音質は 旧AK4493 と同等と思います

動作も問題ないようです
説明書を作成(修正)し 発売開始 です



発売は 2種類あります

(1)AK4490R single DACとDAI付き制御基板
   詳細は説明書をどうぞ  こちら  #36です
 


  (2)AK4490R monox2とC384絶縁タイプの制御基板
   詳細は説明書をどうぞ  こちら #36です
 



メールでも受け付け こちら

ヤフオクも開始しました こちら


 
そうこうしてるうちに パーツ在庫が無くなったようです。 
次の仕入れは 11月とか

AK4490R Stock







< MENU >


(c)2022 mi-take